母や祖母の思い出の着物…大切な着物を売ったときのエピソードをまとめました。

ヤフオク&リサイクルショップで着物を売りました。

一時、日常生活で着物を着てみたいと思い立って着物を買ったのですが、手持ちの物が結婚の時に作ったり譲られた正絹の物ばかりでした。小紋もあったのですが本当の日常着で、お茶席等の用途でなかったため、ポリエステルの着物やウール着物を中心に購入しました。

そういった「一時的な趣味」として着た物の場合、買取専門店で値段が付くとは思えなかったのでヤフオクで売りました。

売った物は総て、ポリエステルの物とウールの物です。
売れた値段は以下の通りです。

・試着程度のポリエステルの絽の単+襦袢/4500円
これには同じくポリエステルの名古屋帯(作り帯)ともらったけれど使わない中古の帯〆、帯揚げも付けました。
買値が単と襦袢のセットが送料と合わせて4500円程、作り帯が送料込み1500円程だったのである程度の元は取れました。

・一応はブランド扱いになる198000円程だった袷の小紋/2500円
こちらも試着のみでしたが柄が不人気だったのでこの値段で即決にしてやっと売れました。

・ウールのアンサンブル/2000円
羽織と単衣のセットで、元々ヤフオクで中古品を4000円程で買いました。
時期が悪かったのもあって、2000円即決にしてやっと売れました。
・浴衣/落札されず
2回ほどの着用でしたが、それほど任期のある感じの柄でなかった事と、流行りがあるので売れずに処分しました。

ヤフオクの場合、サイズを詳細に記入する事と、写真の撮り方次第で値段が全く変わるなというのが経験上言える事です。
落札する側で、素敵だと思って買ったら実物は思ったより色が綺麗ではなかった事もありましたし、逆に安く落札できた物が思ったよりコンディションが良くて驚いた事もあります。
※但し後者はあまりなく、基本的には写真の方がずっとよく見えたパターンがほとんどです。

ヤフオクの良いところは、地方で近くに買取ショップがなくても気楽に片付け・処分ができる事です。
出品までに写真を取って説明文を考えたり、落札されたら梱包したりなどが面倒で中々重い腰が上がりませんが、捨てるよりはマシ、程度のお金にはなります。

物に対して適切な評価を、というより写真の撮りようと説明によっては思いがけず高く売れる可能性がある、という意味ではちょっとギャンブル性もあるのでそういう所に楽しみが見出せる人にはおすすめかもしれません。

また、着物専門でないリサイクルショップで子供用の作り帯を売った時は新品でしたが800円程にしかなりませんでした。
元値が15000円程の帯をセールで4000円で買い、ひな祭りに着せるつもりが都合で着せる事なくサイズアウトしたので新品のまま売りに行き、その値段での買取でした。

私が失敗したなと思ったのは、持って行ったのはチェーン店だったのですが持ち込んだ支店で売っていたのはコンビニのノベルティなどどちらかというと本当に「不要品」が多い感じの店舗でした。

後に普段行かない別の支店にたまたま入るとそちらはブランド物のバッグやアクセサリーのブースもあり、本当に同じチェーン?と驚くほどの違いがありました。客層の違いは明かで、確かにセール品で、有名ブランドの物ではなかったのですが、状態自体はそう悪くなかったので後者の店舗であればもう数百円ほどでも高く売れたかも…という気がしました。

着物専門店でなくても着物の取り扱いをしていると謳っている所を探すなど、もっと下調べしておけば良かったかな…という感じです。

そんなわけで、今所手放す必要も無いので正絹の物を売りに出した事はないのですが、もし成人式の振袖や訪問着など、元々が高額な着物を手放すとしたら、地方在住で周辺に着物の価値が判断してもらえる買取専門店がないので宅配で査定してもらえるお店を使う方が良さそうだな、と考えています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー